手のひらのメモ

ライフスタイルメモ

初めてのヴィンテージスチール体験

 レザーソールの摩耗は激しい。

 買った靴にすぐにトゥスチールを付けるのは一般的かもしれない。

しかし、私は買ってすぐにではなく、しばらく履いてみて、相性がよく、これから長く使っていく靴にだけヴィンテージスチールを取り付ける、と決めていた。

 最初はいい顔してた靴も、履いていくうちに仲が悪くなる子だっている。そうなると、折角大金を出して買った靴を売ってしまうことになる。当然、それは修理代も含めて勿体ないことだ。だから、十分に履き慣らして自分の足と相性が良い物にだけ、長年履けるように修理を施すことにしている。

 

いつか付けてみたいと思っていたところ、たまたま機会があったので初めて付けてみることにした。

付けた靴は、シェットランドフォックスのアバディーン

 本当にこの靴は自分の足との相性がよく、いくら歩いてても疲れにくい。履き初めは若干タイトめだったが今はすっかり馴染み、まるで自身の一部かのようだ。

全体的にスッキリとしたシェイプである為、足が細長い形の人にオススメしたい靴である。

 

それでは、比較してみよう。

まずは見た目から。

f:id:rsoutakun:20200907153746j:image

オペ前。一見綺麗に見えるが、つま先のヒドゥンチャネルが剥がれたせいでつま先から見た図はなんともみすぼらしい姿になっていた…
f:id:rsoutakun:20200907153641j:image

オペ後。これでしばらくは削れることは無いという安心感がある。ウェルトまで削れてしまうと修理代も高くなってしまう。ある程度削れてきたら取り付けるのはいい選択だと思う。

そしていかにも、靴が好きそうな人って感じがする。私の偏見だが、靴を消耗品として使うユーザーはわざわざ手間をかけて付けに行くはずがない。靴が好きな人は長持ちさせるためにこのような手間を惜しまないからこそ、靴好きと言えるのだろう。

 

付けた後と前で歩いた時の違い。

 付ける前は足の裏全体がレザーなので柔らかい感触で地面を踏みしめることができる。ソールの曲がり具合、つまりかえりが非常に良いのだ。

 対して、付けた後の感触としては、つま先のみ地面からの反発が強い印象だ。ソールのかえりが悪くなるので付けないという人もいるが、なんとなく分かる気もする。しかし、つま先だけなので変化としてはわずかだ。

なんとも不思議な感覚に、慣れない内は違和感を覚えるかもしれない。そして歩くたびガチッガチッと踏むたびに金属の鈍い音が走る。私は特に音に関してはそこまで気になることは無いが、足の裏の感触が大分変わると感じる。そこが、一番の慣れない点だ。

新品でソールが硬い状態でスチールを取り付けるというのは、ちょっと歩きにくい気がする。

 

f:id:rsoutakun:20200907154942j:image

アスファルトのような凹凸の多い地面では大して大きくは響かない。駅のホームや店内だと聞こえやすい。屋内だと気になる人は一定数はいそうだ。素知らぬ顔をして歩くしかない。

 

 まとめ

・ヴィンテージスチールを付けてみて、長く付き合う靴には、ソール(つま先)の削れ過ぎを防ぐ為に取り付けるのはオススメだ。

しかし、人によっては金属音や足裏の感覚がかなり気になる人はいるかもしれない。

・店舗にもよるが、修理代がそこそこかかる為、履き慣らして相性が良いと感じたもの、これから長く使うと決意したものに、よく吟味してから取り付けるのが良いだろう。

 

それでは、ここらで失礼します。(^_^)/

 

 

 

 

 

履きおろすよ。

 7月上旬、オリエンタルシューメーカーのサマーセールでGIBSONを手に入れた。私のサイズは23.5なので、そんなにすぐに無くなることはないのが好都合だ。が、早く欲しいという気持ちが抑えきれず、すぐさま取り寄せた。急がねば無くなるかもしれないという焦燥感に駆られ、まんまとセールという言葉の魔力に負けた。

 


f:id:rsoutakun:20200818140002j:image

 届いてすぐに革の質感をチェック。革のキメが細かく、ソフトな感触。多少曲げてもすぐに皺が入ることはなく、とても柔らかい。エントリーモデルにしては革のクオリティが高い。沢山の革靴を見てきた訳ではないが、初心者の私でも分かる程、良い質感だった。

サイズ感は、タイトめと記載されていたが、踵が少し大きく感じた。もう少し、ヒールカップが小さければジャストフィットだったかもしれない。

また、土踏まずの部分がしっかりと掴まえられている感覚がある。クッと掴んで持ち上がるような体験を初めて感じた。

 と、届いた当初はこのように考えた。季節は盛夏へ、8月に入る。

長い長い梅雨も明け、新しい革靴を箱から取り出す。いよいよ、待ちに待ったプレメンテを始める。


f:id:rsoutakun:20200818141034j:image

 いつもの保存用クリームがドロドロと落ちてくる。

しっかりとブートブラックのレザーローションで落としていく。このローションはカビ止め剤も入っており、さらに革につやを与えクリームがのりやすい下地を作る。一本で中々の活躍ぶりだ。

落とし終わったら、サフィールのナッパでさらに下地を作る。最近は指で塗るより、そのままブラシにクリームを付けて靴を磨いた方が毛穴に浸透している感じがする。

最後に靴化粧。ミラーグロスでツヤツヤ仕上げ。つま先だけで無くサイド、踵もやるようにしている。

 

無事、完了。
f:id:rsoutakun:20200818145920j:image

上品に美しく仕上がった。チゼルトゥがイタリアンな雰囲気を出し、落ち着いているが程よく華やかさもある。オリエンタルの絶妙なラスト。

f:id:rsoutakun:20200818142315j:image

f:id:rsoutakun:20200818142331j:image

柔らかく、磨くと革がすぐに艶めくのでエントリーモデルにしては本当に素晴らしい出来だった。後は履いて歩いてみてどう感じるかだ。

 オリエンタルにはもうひとつシングルモンクでJOSEPHというモデルがある。2足とも類似した靴だが、是非そちらも試してみたくなった。日本の靴は海外製に比べればやはりリーズナブルで作りも良い。GIBSONを買ってみて改めてそう思った。

いつかまたオリエンタルで靴を買いたい。

 

それでは、また(◡ ω ◡)

 

オリーブオイルでむちむちにしてやらぁ!

 前回、レッドウィングのジラードブーツの開封の儀を記事にしたが、今日はその履きおろし編。

リッチモイスチャーレーダーオイルで柔らかくするつもりだったが、お金がかかるのでカッコつけてないでどこの家庭にもあるオリーブオイルを使うことにした。艶出しではなくほぐし目的なので多分これで大丈夫。

 

てことで、早速塗りたくった。

 

Tシャツにオイルを少しずつ取り、しっかりとライニングにも塗り込む。勿論、スエードの部分は外す…。

 

だが、いくら塗っても塗っても翌日には硬え。むちむちどころじゃない。ギチギチである。

まさに、修行。履き口から硬くてもう脱ぎ履きが億劫になってくる。

確か、レッドウィングの靴は慣らすのに苦行を用するとか、言ってたような…。まるでJMウェストンのローファーのよう。(持ってないけど)


f:id:rsoutakun:20200728201713j:image

 1番いい慣らし方としては庭仕事の際に穿くこと。しゃがんだり、踏み込んだり、複雑な動きが入ってくるのでウォーキング以外では使わない様々な動きをしていく内に自然に柔らかくなってくる。

1日履いて庭いじりをしただけでも割とアッパーに柔軟性が生じる。

写真のように、すこ〜しの違いだが、足首周りに皺が入り、クタッとしてきた。と、言ってもまだまだ快適に歩けるレベルではない。

そして写真には撮ってないが、アッパーに横皺が入り始めた。

最初はロボットよろしく指の付け根部分の革が全く曲がらないせいでカクカクした歩きになっていた。が、今日は少し屈曲し始め、育成できた。

 

終わった後はしっかりブラッシング♪

土がとにかく付くので、ブラッシングのし甲斐がある。

f:id:rsoutakun:20200728203052j:image

Collonilの馬毛ブラシ。靴磨きを始めた人にオススメの価格帯でそれなりに毛が長いし、柔らかくて使いやすい。これで毎日擦ってるだけでもエイジングするのかな?

お金が貯まったらもう少しランクが高めの馬毛や羊毛に挑戦してみたい。正直豚毛はそこそこコシがあればいいかなぐらい。

いつかは、羊毛でツヤっとする瞬間が見てみたい。

 

短い記事になってしまったが、本日はここら辺で。(-ω-)

 

 

ドレスシューズ好きがブーツを選ぶなら。

 タイトル通り、ドレスシューズが好きな私がブーツをチョイスするなら何を選ぶか、というお話。

 そもそも、ブーツの歴史自体、ドレスというよりは登山、スポーツ、鉄鋼業などなど、かつて泥や砂から足を守るために特化した靴であるためワークアイテムとしての印象が強く、パッとドレスのイメージを浮かべるのは少ないだろう。(あくまでメンズの中では)

 

なので紳士が履くドレスとしてのブーツといえばサイドゴアブーツボタンブーツが思い浮かぶかもしれない。ボタンブーツは特にクラシックな見た目で、スーツにバッチリ合う。サイドゴアブーツは汎用性も高く、ミニマルな装飾が現代のメンズファッションに取り入れやすいだろう。

 

 しかし、私が買ったのはアメリカ原産のアイツ。

もうお察しが付くだろう。USAのブーツといえば…

そう、RED WING


f:id:rsoutakun:20200724211850j:image

バッチバチのカジュアルブーツじゃないか!という声も聞こえてくるかもしれないが、REDWINGの中でもドレスラインの靴が存在する。一見カジュアルに見えるが、ジャケパンなどのドレスにも合わせられ、もちろんカジュアルにも合わせられる両面の魅力を持ったブーツを購入した。

 

それがこちら。


f:id:rsoutakun:20200724211922j:image

ジラードブーツ」である。色はブラックチェリー。この靴はドレス界の中ではカジュアルに分類されるが、レッドウィングの中ではキレイめ。つまり、丁度中間に位置づけられるブーツである。ブラックにすればさらにキレイめに寄るが、どうしてもブラックチェリーの色に惹かれた。赤系ってカッコよくて魅力的なんだよなあ…

しかもアメリカらしく、チェリー。(アメリカのお菓子の味にチェリーが多いのでそう思ってる)

足元のアクセントとして是非とも取り入れたい色だ。

 サイズはUS6(約24.5)。普段ドレスシューズは24か23.5cmを履くが、公式サイトでは在庫なし。仕方がないと思い、少し大きいかもしれないがブーツの革は分厚いのが多いし、大丈夫だろうと。思い切って買ってみたのである。

 

 RED WINGに関しては本当に初心者なので知識もそこまで無いが、ジラードブーツは既に生産終了しもうそこそこ年数が経った商品らしい。ホームページを覗いてみたが、載ってない。やはり、ブーツ好きの間ではあまりドレス寄りな靴は受けないのだろうか。キャバリーチャッカもそうだ。私の目にはかなり魅力的に映るのに…。

 

 話は変わって、どうメンテするか。

足入れしてみたところ、かなり硬い。まずはプレメンテにリッチモイスチャーかレーダーオイルを塗り込む。そしてシュークリームでツヤツヤにするか、逆にマット仕上げにするか。土埃がついてる方がブーツらしいにはブーツらしいが、この靴だと…うーん…

 経年変化で段々と色が深く沈み込んでいくのが最高に楽しみだ。チェリーから一体どんな色になるのだろう。秋冬は履きまくってどんどん変化させていきたい。

ボトムスはもちろんデニム。それもLEVI'S。この組み合わせでキマらない訳がない。トップスにはジャケットでも、カジュアルな服でも、多分私服のほとんどにマッチするのではないだろうか。

f:id:rsoutakun:20200724212118j:image

 

 経年変化が進んだらまた記事に書き起こすだろう。それまでコイツを履き込んで、皺を刻んで、味わい深く育てていくとする。

 

変えてみるか。靴紐を。

 クタクタになった靴紐をいつまでも付けている訳にはいかない…。

靴を油分で手入れするだけでなく靴紐の交換にも目を向ける。まるで可愛い我が子に新しい服を買ってやるようなものだ。

靴紐を変えるだけで靴の印象はガラリと変わることもある。だから紐を変えるというのも、一つの楽しみとして取り入れてみようと思う。

 

買った靴紐はブラックの平紐と、パリジャンブラウンの石目柄の紐だ。どちらも、「MOND SHOELACE」というサイトで購入した。

あえて元々結ばれていた紐とは印象が異なるようにチョイスしてみた。

 

届いてから早速取り付けてみる。
f:id:rsoutakun:20200525151928j:imagebeforef:id:rsoutakun:20200525151827j:imageafter

 オールドは丸紐でカジュアルな印象の物だったが、平紐に変えたことでシャッキリとした印象に変わった。さらに、セルも金属になったことでスタイリッシュさも兼ね備えている。紐を変えただけなのに足元がスッキリ見えるのも良い。そして雰囲気がサンダースのサービスシューズを思わせる…。


f:id:rsoutakun:20200525150335j:image

左の平紐がbefore 右がafter
f:id:rsoutakun:20200525151147j:image

 こちらはよりカジュアルに持っていった。

前のも気に入っていたが、こっちの方が好みかもしれない。特に春夏にはこれくらいのカジュアル感がバランスがいい気がする。

こうして靴紐で気軽に雰囲気を変えてみるのも面白い。店のコンセプトに書いてあるように、靴紐も靴下の色を変えるように、ファッション感覚で遊んでみる楽しさを教えてくれた。

アフターコロナのお出かけが少し楽しくなるな。

 

 

 

 

 

 

続・エボナイト万年筆~宇宙旅行編~

 前回記事にしたエボナイト万年筆、「鏡花」に続き今回は「宇宙旅行」について紹介する。

 

限定品・宇宙旅行
f:id:rsoutakun:20200521125456j:image

 宇宙旅行は「萌芽」という、繭のような形の軸に、クリップが付いて無いモデルをベースに作られた限定軸だ。水色を主とし、グリーンブルーやホワイトに近いブルーが混ぜられている。以前紹介した鏡花はマーブル状に模様が入っていたが、宇宙旅行は波紋状に模様が入っており、宇宙空間を彷彿とさせる模様だ(ワープゾーンみたいな)


f:id:rsoutakun:20200521131644j:image

f:id:rsoutakun:20200521131649j:image

 アップで撮ってみるとなんともケミカルな色合いが目立つ。波紋状に広がった模様が樹論のようにも見える。

 エボナイトには様々な模様があって面白い。例えば、歌舞伎者(ブングボックスより)というモデルでは、縦状に色が積み重なって模様が入っていたり、海波(セーラー万年筆より)というモデルには波模様が描かれていたり…ましてや同じモデルでさえも表情がそれぞれ違って個性がある。だからついつい集めてしまうのだ…。他社メーカーが作った作品も日興エボナイト社とは違う雰囲気に仕上がっており、それぞれメーカーの個性・色がある。同じ素材でも個性豊かな表情を見せてくれるのがエボナイトだ。私のコレクター魂を刺激するには十分すぎる要素だった。

 

・大きさを見ていこう

f:id:rsoutakun:20200521135749j:image

 手に持つと大分大きめだ。萌芽のLサイズを起用しているので、鏡花よりもひと周りくらいは大きい感覚。

わかりやすく、別の万年筆と比べてみよう。

f:id:rsoutakun:20200521140204j:image

 丁度萌芽と似た形の万年筆を所持していたので比較してみる。

 上のはモンブラン149である。万年筆を知らない人でも万年筆の代名詞的存在のポピュラーな万年筆だ。現行品は結構な価格だが、中古なら手が出しやすい故に3~4本くらいは持っているコレクターも少なくはない。(私の先輩がそう)

 丁度宇宙旅行149と大きさがほぼほぼ同じだった。素材の違い上、エボナイトの方がやや軽い印象だ。この大きさだと実用するより、家でゆったりと書くのに向いている。私は自宅学習する際はほとんど万年筆を使用しているため、その時に宇宙旅行を使っている。軸が大きい分、握りこまないので手が疲れにくく、集中して勉強したい時に便利だ。

クリップが無いので、転がり転落防止にカニペンホルダーに添えて使っている。

 

・最後に
f:id:rsoutakun:20200521141623j:image

エボナイトの沼は深い

 しかし趣味が渋いがゆえに周りに中々理解してくれる人がいない。だからこうしてブログに書き起こすことで少しでもエボナイトが好きになるきっかけになればいいと思い書いている。是非とも万年筆にハマった方であれば、一本は手にして欲しい。

 万年筆が好きな方は経年変化好きが多そうなイメージがある(勝手な想像だが)。その中でも実はエボナイト軸は経年変化するらしい。私のはまだ変化してるかわからないが。店舗に行ったら新品と比べてみようと思う。

 

また注文した軸が届いたら記事にしてみようと思う。

需要、あるだろうか…?┐(´ー`)┌

魅惑のエボナイト万年筆

 本日は私が愛してやまないマーブルエボナイトを使用した万年筆について語る。

 

そもそもエボナイトとは?

 エボナイトは生ゴムに硫黄を混ぜて長時間加熱し、硬化させた素材だ。現在はプラスチック樹脂の誕生によりそれが主流になっているが、かつてはエボナイトが使われていた。

 

エボナイト素材を軸に使った万年筆
f:id:rsoutakun:20200520170801j:image

 笑暮屋(えぼや)から出ているマーブル模様のエボナイト素材を使った万年筆だ。このモデルは鏡花という物で、色は深海にカスタムオーダーしたものだ。サイズはMサイズで大きさがちょうど良く、手の収まりがいい。キャップの中を嗅ぐと、ゴムから作られているだけあって少しゴムの香りがする。

 実物は名の通り深い深海のような青色をしているが、自然光のもと写真を撮ると鮮やかに見える。深海は特に環境によって色の見え方が違う。

・笑暮屋との出会い

f:id:rsoutakun:20200520171223j:image

 笑暮屋を初めて見たのは台東区で開かれたTIPS(東京インターナショナルペンショー)だ。当時私はそのイベントのボランティアとして参加していた。会場を巡回中にマーブル模様の美しい軸を売る出店ブースを見つけ、吸い寄せられるように見に行ってしまった。

 複雑に描かれたマーブル模様に、鮮やかすぎないシックな色合いが気に入り、ついつい仕事を忘れてしまうほど食い入るように眺めていた。まさに一目惚れだった。私の好みにどストライクな軸だったのだ。

・実際に手に取ると…
f:id:rsoutakun:20200520173932j:image

手にとってみると意外にも軽く、取り回しがいい。触り心地もスベスベしていてプラスチック樹脂の軸とは違う感触。どこかしっとりと心地がいい触り心地が気に入り、クオリティの高さに感激し、これは買わない理由がないなと思い購入を決意した。

 その時、あまりお金は持っていなかったので、試し書きと実物の色を確認だけして、オンラインで注文した。

当時納期は4ヶ月(今は6ヶ月)待ちであった。

社長さんと話す機会があったので、鏡花を購入したことを話すと、社長さん曰く、「一本一本全て職人の手作りで、鏡花の精密なローレット部分やツヤツヤに磨かれた軸には職人の魂がこもっている。大事にしてくれよ」と言われ、さらに期待が膨らんだ。長い納期の間、ワクワク感を抱きながら鏡花が来るのを待っていた。

・ニブについて
f:id:rsoutakun:20200520174402j:imageニブは中細にした。

 ニブはBock社製のもので、外国製にしては日本製のニブに似ており、細い文字が書け、トメハネハライがしやすかった。(通常、外国製のはアルファベットを書くのに特化し、日本製のニブよりペンポイントが大きめで、丸っこい文字になる傾向がある)

 しなりは少なめでコシが強く、どちらかというとプラチナ万年筆(3776センチュリー)のような書き味だ。筆圧が強い人でも書けるようにバランスはとれていると思う。

・一本一本が違う模様

f:id:rsoutakun:20200520175632j:image

 エボナイト軸は全く同じ模様は製造できない。一本一本が微妙に違う模様をしているのだ。どんな子に出会えるのかその日までのお楽しみ。世界に一本しかないという特別感、そして機械ではなく、人が心を込めて作っているというのもロマンがあって良い。

 そんなこんなで、エボナイトの魅力にハマった私は気づかないうちに2本目も買っていた。限定軸の「宇宙旅行」というモデルだ。これはまた別で記事にしようかと思う。

 さらに、今はもう1本カスタムオーダーをしていて、届くと3本目になる。多分4本目も欲しくなる。相当気に入ってしまったようだ…。着々とエボナイト中毒者への道を歩んでいる気がする。



エボナイトフリークスへの道のりはまだ続く…。