手のひらのメモ

ライフスタイルメモ

続・エボナイト万年筆~宇宙旅行編~

 前回記事にしたエボナイト万年筆、「鏡花」に続き今回は「宇宙旅行」について紹介する。

 

限定品・宇宙旅行
f:id:rsoutakun:20200521125456j:image

 宇宙旅行は「萌芽」という、繭のような形の軸に、クリップが付いて無いモデルをベースに作られた限定軸だ。水色を主とし、グリーンブルーやホワイトに近いブルーが混ぜられている。以前紹介した鏡花はマーブル状に模様が入っていたが、宇宙旅行は波紋状に模様が入っており、宇宙空間を彷彿とさせる模様だ(ワープゾーンみたいな)


f:id:rsoutakun:20200521131644j:image

f:id:rsoutakun:20200521131649j:image

 アップで撮ってみるとなんともケミカルな色合いが目立つ。波紋状に広がった模様が樹論のようにも見える。

 エボナイトには様々な模様があって面白い。例えば、歌舞伎者(ブングボックスより)というモデルでは、縦状に色が積み重なって模様が入っていたり、海波(セーラー万年筆より)というモデルには波模様が描かれていたり…ましてや同じモデルでさえも表情がそれぞれ違って個性がある。だからついつい集めてしまうのだ…。他社メーカーが作った作品も日興エボナイト社とは違う雰囲気に仕上がっており、それぞれメーカーの個性・色がある。同じ素材でも個性豊かな表情を見せてくれるのがエボナイトだ。私のコレクター魂を刺激するには十分すぎる要素だった。

 

・大きさを見ていこう

f:id:rsoutakun:20200521135749j:image

 手に持つと大分大きめだ。萌芽のLサイズを起用しているので、鏡花よりもひと周りくらいは大きい感覚。

わかりやすく、別の万年筆と比べてみよう。

f:id:rsoutakun:20200521140204j:image

 丁度萌芽と似た形の万年筆を所持していたので比較してみる。

 上のはモンブラン149である。万年筆を知らない人でも万年筆の代名詞的存在のポピュラーな万年筆だ。現行品は結構な価格だが、中古なら手が出しやすい故に3~4本くらいは持っているコレクターも少なくはない。(私の先輩がそう)

 丁度宇宙旅行149と大きさがほぼほぼ同じだった。素材の違い上、エボナイトの方がやや軽い印象だ。この大きさだと実用するより、家でゆったりと書くのに向いている。私は自宅学習する際はほとんど万年筆を使用しているため、その時に宇宙旅行を使っている。軸が大きい分、握りこまないので手が疲れにくく、集中して勉強したい時に便利だ。

クリップが無いので、転がり転落防止にカニペンホルダーに添えて使っている。

 

・最後に
f:id:rsoutakun:20200521141623j:image

エボナイトの沼は深い

 しかし趣味が渋いがゆえに周りに中々理解してくれる人がいない。だからこうしてブログに書き起こすことで少しでもエボナイトが好きになるきっかけになればいいと思い書いている。是非とも万年筆にハマった方であれば、一本は手にして欲しい。

 万年筆が好きな方は経年変化好きが多そうなイメージがある(勝手な想像だが)。その中でも実はエボナイト軸は経年変化するらしい。私のはまだ変化してるかわからないが。店舗に行ったら新品と比べてみようと思う。

 

また注文した軸が届いたら記事にしてみようと思う。

需要、あるだろうか…?┐(´ー`)┌